自己破産の無料相談所<早めの相談が解決の鍵!!>

自己破産の条件

自己破産するにあたり必要な条件とは?
わかりやすく一言で言うと、破産原因があり返済能力が無いと見なされた者です。

 

その者の財力から3〜5年以内に借金を返せる見込みの有無を裁判所に判断され、
支払不可能とみなされればその者にあたります。

 

もちろん借金の総額や破産申立人の状況にもよります。

 

借金がとても少ない額であっても、健康状態が良くない等の理由で生活保護を受けていれば
支払能力が無いと判断されます。

 

逆に一時的に職を失っている状態でも、体に異常がなく不動産等を所有している場合は
返済能力有とされる事もあります。

 

ケースバイケースですので、これであれば絶対という判断は素人では難しいので
弁護士・司法書士といった専門家に相談することをおすすめします。

 

知人に自己破産した者がいますが、精神的な疲労が何年も続いたと言っていました。
一時はお金の事から解放された気になっていても
「返さなければならないものを返せなかった」
そんな自己嫌悪で長らく苦しみ続けたようです。

 

借金を作らずに生活する。

 

これが1番なのですが、そうもいかない人の方が多いでしょう。

 

大きな買い物をする際にはローンを組む。これも一種の借金ですから。

 

返済計画をきちんと立て、借り入れは慎重に行いましょう。

 

主婦の自己破産
主婦の方や、女性の方で自己破産を考えている人は是非ご覧ください。