自己破産の無料相談所<早めの相談が解決の鍵!!>

自己破産といいましても、いつでも誰でもできるわけではありません。

 

自己破産とは、多重債務に陥ってしまい、どうしても返済を継続していくことができないものに対しての救済措置です。

 

例えば、今月分の支払いができないからといって、すぐに自己破産手続きができるわけではありません。

 

正確にいえば、自己破産手続きの申立て自体は可能ですが、裁判所からの免責決定は出ません。

 

どう頑張っても、今の収入では返済を「継続」していくことができずに、経済的に「破綻」していることが条件です。

 

他にも条件がありまして、自己破産手続きには免責不許可事由というものが規定されています。

 

どんな場合でも自己破産が可能なのであれば、ところかまわず借金をして返せません、で済んでしまいます。
そういう者には免責決定は出しませんよ、という規定がしっかりとあります。

 

例えば、上記のような場合は、返済不能であることが明らかな事を隠匿していた、ということで免責不許可事由に該当します。

 

他にも、ギャンブルによる浪費が原因の場合にも免責不許可に該当します。

 

このように、どんな事情でも自己破産ができるわけではないんです。

 

さらに、一度自己破産手続きをしたものは、7年間は再度申立てができないことになっています。

 

誰かれ構わず免責決定が出るわけではない、ということですね。