自己破産の無料相談所<早めの相談が解決の鍵!!>

自己破産にかかる弁護士の相場

自己破産デメリットはこちら

 

自己破産に関する弁護士の相場は通常20〜30万円程度と言われています。

 

注意すべきは、一括なのか分割なのかという事です。

 

支払方法はしかっりと確認しておきましょう。

 

専門家に頼むとお金がかかるからといって、自分でやってしまう人もいますが、

 

取り立ての状況などによっては専門家に頼んだほうがよかったという事も有り得るので、まずは専門家に相談することをおすすめします。

 

借金の経験

 

会社から認められなかった営業活動費(接待費)やクレーム処理費(出張など)で借金ができてしまった。

 

自転車操業に陥った経験

 

借入を開始して3年位から昇給が先送りになり、年に2回のボーナスの額も年々減少したころから巷で言われる「自転車操業」に似た状態になりました。

 

その当時は嫁と子供3人の5人家族でしたので、教育費は年々増すのと反比例に私の収入は横ばいから減少になって行き、嫁にもパートに出てくれるよう頼むようになりました。

 

嫁の収入は全て借入の返済へ当て、私の給与だけで生活を立て直そうと考えていましたが、

 

返済していても利息分が大半で元金はほとんど減らない状態が続き、家庭も落ち着かなくなった頃が一番苦しかった時期です。

 

親からの助け

 

借金問題の解決は最終的には親からの生前贈与を受けて処理することが出来ました。

 

きっかけは、借金解決には最初にどんな方法があるのかをネットで調べてまず家庭裁判所で説明を受けました。

 

その結果、自己破産もしくは債務整理の方法があることがわかり、

 

どちらを選択するにせよ別途に費用が最低でも20万円位かかり私自身で書類作成や資料収集はおよそ無理である事がわかりました。

 

それで会社に借入の相談してみましたが、良い返事は貰う事が出来ませんでした。

 

最後に私と嫁の両親と兄弟に相談し生前贈与を受ける事を了承してもらい解決する事となりました。