自己破産の無料相談所<早めの相談が解決の鍵!!>

自己破産の流れ

自己破産をする時は、以下の自己破産費用と手続きを踏むことになります。

 

 

ステップ1

 

地方裁判所への申立書類の提出から始まります。

 

申立書類には破産申立書や免責申立書、陳述書などがあり、その他住民票や登記簿謄本などを添付します。

 

中でも一番重要視されるのが「陳述書」です。

 

借金をしたいきさつや返済不能の理由、今後の計画などを記載しますが、その内容は裁判官の心証に大きく影響します。

 


 

ステップ2

 

1〜2ヵ月後に裁判所で「審問」があり、裁判官から返済を免責することが社会正義に反しないかを判断するための、免責不許可事由などに対する質問があります。

 

なお、弁護士が代理人になっている場合は、破産申立て後すぐに裁判官と弁護士が面接を行い、「破産手続開始決定」が下りる場合もあります。

 


 

ステップ3

 

審問の結果問題が無ければ、数日後に破産手続開始決定が下ります。

 

破産手続開始決定というのは、債務者に返済能力が無いと判断されたことを意味します。

 

破産手続開始決定が下りると、債務者に換価できる財産があれば破産管財人が選任されて破産手続が進められますが、財産がない場合は同時廃止となり、破産手続きが終了して「免責許可の決定」の手続きに移行します(個人の場合ほとんどが同時廃止です)。

 


 

ステップ4

 

破産手続開始決定から1〜2ヵ月後に免責許可の決定がおります。

 

免責許可が認められるには、破産の申立てから3〜6ヵ月が掛かります。