自己破産の無料相談所<早めの相談が解決の鍵!!>

自己破産はギャンブルが原因だと免責はおりないのか

多額の借金を抱えてしまった原因が、
ギャンブルや浪費の場合は自己破産が認められないことがあります。

 

債務整理には複数手段があるため、自己破産以外にも借金解決の方法はいくつかあります。

 

自己破産が認められるには裁判所に支払い能力がないと判断される必要があります。

 

ご本人や家族の生活のため、住宅ローンの支払いのため、個人で始めた事業のためなど、
様々なケースで多額の借金を背負ってしまった方で自己破産が認められています。

 

ですがギャンブルや浪費といった原因でも自己破産を認めてしまうと、
ギャンブルで失敗しても自己破産すれば良いという考えの人が増えてしまいます。

 

しかしそのような原因でもすべてで認められないというわけではなく、
更生の意欲、更生の見込みがあると判断されたときは自己破産を認められることがあります。

 

その判断をするのは裁判官となりますが、
クレジットカードのショッピング枠現金化などで現金を調達して、
それをギャンブルに使ってしまうといった悪質なケースではまず認められないでしょう。

 

弁護士事務所にご依頼されれば20万円から30万円ほどの弁護士報酬で済みます。

 

場合によっては法テラスで弁護士報酬の立て替え制度もご利用できることもあります。

 

費用の心配をする前に債務整理のほうをまず先に考えましょう。

 

多額の借金で困ったら、お近くの弁護士事務所へまずはお電話されてみてください。